トップ / 葬儀の際の電報について

葬儀の際の電報について

葬儀に行けない場合

ブラックスーツ

葬儀に参列できない時には電報

親族や友人、知人らの訃報を聞いた時にはすぐに駆けつけてお悔やみを述べたいものですが、様々な事情によって通夜や告別式などに参列できない人もいるでしょう。そんな時は葬儀に弔電と呼ばれる電報を送るのが正しいマナーです。電話やインターネットを利用してどのような言葉を送るのか、台紙の素材やデザインはどうするのかを細かく指定します。近頃は自宅以外のセレモニーホールなどで通夜や告別式を執り行うことも多いため、事前に遺族と連絡を取って葬儀に出ることが出来ないという旨を伝え、電報の送り先をどこにしたら良いのかを確認しましょう。

電報を送る方法に関して

訃報を受け取って、遠方に住んでいたり、こちらの体調が悪く参列が出来ない場合、まず弔意を表す電報(弔電)を送ります。その際、個人葬の場合は、通夜告別式が行われる場所に葬儀の責任者宛てに送るのが基本ですが、親族あてに送る場合は、その親族の名前でも差支えありません。社葬の場合は、部署、葬儀責任者、主催者宛ての場合もあります。大切な事は差出人で、受け取り側に立ってどんな関係の誰から届いた弔電かがわかるようにしておく事が大切です。メッセージと同時に肩書や個人名や連名や団体名や部署名や住所や振り仮名を加えておくと分かりやすいです。メッセージは、まず緊急かどうか、お悔やみをする相手の状況を考えることが大切で、オリジナルな文章でも、ある程度かしこまった文面で、不幸を悼む趣旨を伝えるのが一般的です。

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀についての問題解決. All rights reserved.