トップ / 葬儀の焼香の仕方を学ぶ

葬儀の焼香の仕方を学ぶ

葬儀で迷うこととは

ブラックスーツ

葬儀の参列時に迷う作法

葬儀に参列する時に、迷う事として焼香の作法があります。普通は、焼香をつまんで目の高さまで押し頂き、その後に香炉にそくべると言う動作を3回繰り返す人が多いものです。しかし、この焼香の作法は、宗派によって異なるのです。目の高さまで押し頂き、くべる作法の宗派でも、1~3回まで回数は異なります。また浄土真宗の大谷派や本願寺派では、つまんだ焼香を目の高さまで押し頂かず、そのままくべる投げ入れ焼香と言う作法が正式です。焼香の回数を気にするのではなく、浄土真宗か他の宗派かを把握し、普通の焼香の作法をすべきか、投げ入れ焼香にすべきかを気にした方が良いようです。回数は気にせず、1回にすれば良いでしょう。正式な作法が2、3回であっても葬儀の参列者が多い場合は、むしろ1回の方がマナーに適っていると言えるからです。

参列する際の服装について

葬儀に参列するという場合、男性の服装は基本的には喪服を着用するようにします。ブラックスーツに黒のネクタイ、白いシャツ、黒のバッグなど、シンプルなデザインのものにします。また、靴の色に関しても黒色の紐靴が最適と言えます。葬儀が行われる式場によっては、靴を脱ぐという場合もあるかもしれません。白や柄物の靴下は非常に目立ちますので、黒色のものを着用するようにしましょう。ブラックスーツと言っても、そのランクにより価格は異なります。若い内であれば、体形が変わることなども考慮し、手頃な価格のものを用意しても良いでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀についての問題解決. All rights reserved.