トップ / 葬儀で香典の管理をするには

葬儀で香典の管理をするには

葬儀で起こる問題

ブラックスーツ

葬儀に気を付けたいトラブル

お葬儀の際に気を付けたいトラブルはよくありますが、一番多く聞かれるのが香典を取られたといわれる盗難です。お通夜やお葬式本番、喪主は来られた参列者に挨拶したり、僧侶と話したり、葬祭業者と式の進行について相談したりと、やらなければいけない仕事がかなりあります。そんな際、よく起こるのが葬儀の受付を頼んだ方が香典を盗難するトラブルです。帳簿をつけていたとしても、家でお葬式を行う場合など基本的に防犯カメラなどはありませんので、誰が盗んだのか証拠も残りません。また、みなさん忙しく動き回っていますので、誰がどこの人か理解していない喪主の人も沢山います。そうならないためには、葬祭業者と連携し、お金を担当するのは信用の出来る人に任せる方が良いです。

トラブルのないようにするために

葬儀のトラブルは後々までいろいろなことで嫌な思い出になり、故人に対する思い出を大切にするためにも避けるようにしたいものです。故人への惜別とその冥福を祈る重要な儀式ですからなにより大切なのは礼儀です。従来の葬儀は盛大であればあるほど、死後の往生がかなうものとされ、遺族はせいいっぱい盛大におくるようにしました。しかし現代では合理的におこなわれるようになりました。それでもまだ古いしきたりも多くトラブルになることもあります。一番大切なのはその地域の風習をよく心得ているお年寄りや町内の世話役によく聞きアドバイスを受けることです。

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀についての問題解決. All rights reserved.