トップ

葬儀についての問題解決

葬儀の手配の流れ

ブラックスーツ

葬儀の段取りが分からないとき

突然自分の身近な家族が亡くなって、葬儀の手配をしなければならない場合、段取りが分からずにパニックに陥ってしまうこともあるでしょう。そんなときは専門の業者を頼ることによって問題は解決します。業者に依頼をすればすぐに自宅や病院にかけつけ、葬儀の段取りについて詳細に教えてくれるため初めての経験でもうろたえることはありません。特に喪主を務めることになった場合は悲しみにくれる暇が無いほど様々な手配に忙殺されてしまいがちですが、担当スタッフが支えてくれるため、深い悲しみと喪主というプレッシャーで押しつぶされそうな時でも自分を奮い立たせることが出来るでしょう。

知っておきたい段取りは

近親者が亡くなった場合、葬儀の段取りをおこなわなければなりません。最近は病院で亡くなる人が多いので、まずは寝台車の手配が必要です。病院が提携している業者を紹介してくれる場合もありますが、他の業者を利用したい場合は、自分で手配しましょう。ご遺体を自宅に連れ帰った場合は、葬儀を行う業者の指図にしたがって安置します。配偶者や長男など喪主となる人を決定し、喪主がその後のスケジュールを親族や業者、寺院などと話し合って決めます。告別式のありようについてはカタログなどを用いて相談し、業者が提示する見積りに納得すればそれに基づいておこないます。この間には近親者や会社などへの連絡も必要です。またご遺体と一緒に棺に納める愛用品なども用意しておきましょう。

葬儀に必要な情報

新着情報

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀についての問題解決. All rights reserved.